プラセンタのアレルギーを抑える作用について

プラセンタの抗アレルギー作用

プラセンタに変わる効果がある成分として漢方について、解説します。

 

ケイヒ

プラセンタの抗アレルギー作用
楠科の常緑樹であるシナモンの革です。

 

漢方では、内蔵の血行を促して体を温め、生命力、自然治癒力を高めてくれることで有名です。

 

アレルギー症状を抑える働きも知られています。

 

外科手術の際、感染症などで患者さんが不慮の死を遂げることがあります。

 

原因になる最近として、チフス菌、赤痢菌、大腸菌、サルモネラ菌などがあり、勤怠に含まれる内毒素という毒素が犯人であることが分かっています。

 

内毒素の作用を抑える安全な薬はないに等しいのですが、シナモンに内毒素を抑える働きがあることが、最近の研究で分かっています。

 

シナモンによって、内毒素が抑えられれば、親である菌の増殖も困難となるのです。

 

アレルギーを抑える作用がプラセンタと重複します。

 

ハトムギ

プラセンタの抗アレルギー作用
ハトムギの種子です。

 

イネ科の一年そうで、日本では江戸時代から薬用植物として栽培されてきました。

 

抗腫瘍作用や免疫増強作用があることがわかっています。

 

漢方では、利尿、消炎、鎮痛などに対する薬として処方されています。

 

民間では、滋養強壮のために使われ、イボを取るための特攻剤としても有名です。

 

過去の報告を見るとガン学者の吉田富三氏が白鼠にできた肉腫を発見した時にも、ハトムギが腫瘍の増殖を阻止する働きを持っていたことが確認されています。

 

5つの漢方小役それぞれが、さまざまな働きを持っていることがお分かりいただけたかと思います。

 

新年度で健康診断をうけた読者も多いでしょう。

 

検査値に不安があった人は、プラセンタを試してみると良いでしょう。

 

ただし、運動などご自身の努力もお忘れなく。

 

プラセンタとの出会いがきっかけで、3年以上苦しめられてきた痛みに別れを告げることができました。

 

そう話してくれたのは、北海道の札幌市のHさんです。

 

2010年から帯状疱疹語神経痛に悩まされてきました。

 

アトピーが原因であるため、医師からはプラセンタの摂取を勧められています。

 

プラセンタ注射などの治療を受ける選択肢もあったものの、結果的にはサプリメントとドリンク、スムージーの併用を行いました。

 

そうでなければ、痛みと一生付き合うしかないと思っていたそうです。

 

しかし、プラセンタのおかげで、健康になり、肩こりや冷え性にも効果があり、人生が大きく改善したと笑顔で話してくれました。

 

参考サイト

プラセンタの抗アレルギー作用

 

プラセンタの抗アレルギー作用・効果

 

FUWARIプラセンタ(ふわりサプリ)の悪い口コミや効果、副作用